CG study (After Effects, Nuke, Maya...), English study and more.

Sunday, July 29, 2018

[Nuke][Composite]ビデオ紹介:シニア・リードへのステップアップ-何が必要か



ビデオ紹介です。

Nuke Skill Up Panel: Progressing to a senior or lead compositor, what does it take?

シニア・リードなどポジションの違いを書いた私の過去記事はこちら


Foundryから良き動画が出ました!これは今の私にぴったりな内容です。4人の現役リード・スーパーバイザーによる歓談形式。メモを日本語にざくっとまとめました。全然知らない誰かが私のスプリプトを「open」して間違って「save」 して、私が本人に聞いたらめっちゃ焦られた過去を思い出しました(笑)


-シニア、リードの定義は?
・小さな会社ではシニア、リードの仕事はかぶることがある
・例として、シニアは自分のためにテンプレートを作るが、リードはチームのためにテンプレートを作る
・大きな会社では、リードはチームメンバーを知ることが大事。助ける、一緒に飲みに行く、皆をハッピーにする。経験談:新しい会社でリードとしてやっていくのは信頼を得るプロセスが大変だった。(女性だとさらに大変かも?)
・リードとして主観的なフィードバックをアーティストに伝えることの難しさ。
・リードではコミュニケーション力がさらに大事。だからと言って、シニアに求められないわけではない。シニアは、素晴らしいアーティストであるとともに、チームを助け合うことが要求される
・シニア以上では、画を見る目と、全体としてどう作り上げていくというやり方のスキルほうが、ノードの使い方など細かいテクニックよりも大事。
・TV仕事では本当に素早く解決方法を見つけなければいけない。TV仕事も良いチャレンジとなる。Netflixなどクオリティが上がっていて”episodic features”(エピソードのある映画)と呼ばれている(笑)
・ジュニア、ミドルは与えられた仕事を一から自分でやろうと苦悩する。シニア以上は再利用できるもの(似たショット、過去に培われたツールや方法論、クライアントが気に入ったリファレンス)はとことん利用してできるだけ早くショットを仕上げるという姿勢がある。映画に比べTV仕事はスピードが求められるので大事なスキル
・質問することをためらわないこと。ジュニアにテクニカルなことを聞いても構わない。全てを知るのは不可能だから。間抜けな質問と尻込みしない。オープンになる。

-どうやってミドルからステップアップすれば??
・難しいショットをやる。やりたいとお願いする!のは大事。自分がやりたいことを伝える。逆に沢山持ちショットがある中で1つやりたくないショットがあったりすれば言えばいい。シニアのスクリプトを見る。本人にどういうプロセスでやったのか聞く。「open」しないで「import」して(笑)情報交換をする。

-シニア、リードが犯す間違いは?
・フィードバックを無視して自分のやりたいようにし続けること。「あなたの」ショットではない。
・エゴを持たないこと。制作過程を楽しめているなら結果が個人的に納得いかなくても関係ない
・他人に任せることができない人がいる。リードはチームを支えるのが仕事であって、カッコイイショットを自分でやり続けることではない。よくあることで避けるのは難しいが、意識して。

-リードポジションになる人へのアドバイス?どうやってリードのスキルを身につければ?
・自分の過去の経験を引き出す。自分のリードとのやりとりはどうだった?その結果何が成功して何が失敗した?

-キャリアの早い段階で知っていればよかったと思うものは?
カメラ、撮影技法。私たちが仕事でやっていることの基礎。過小評価されがち
アナモルフィックなど“ビンテージ”な技法が好まれるトレンドがある。最新デジタル機器は「正確すぎて」味がないから

-そのような基礎知識はシニア、リードではさらに重要になってくるが、持っていない場合、どうやって学ぶ?
・その人の背景次第。多様性がメリットになることもある
・映画を見る、写真を撮る、美術館に行く、クラスを取る、ショートフィルムを撮る、映画を解析するーどうして良いのか、良くないのか?
・問題解決方法などは、この業界にこだわらなくても学べることが沢山ある。本を読むetc.

-業界に対する情熱とは?個人的に経験を通して培った情熱とは?
・繰り返しの退屈作業になっても、少しの時間を作って自分の好きな研究、勉強をする。モチベーションがないと作品に影響する
・人と話す。皆がどうやってスキルアップしようとしているのか聞く
・自分を知る。消耗し切った人を見る。消耗しているとセンスを失う。いい仕事ができない。何も得られない。次の日の朝リフレッシュして会社に来たら全てが解決することがある。自己管理。生活のバランス。モチベーションに影響する。
・「このショットできない」と思いつめてストレスを受けすぎるのは一番良くない。寝る、休む、リフレッシュする
・細かいことに注力する仕事。疲れると視野が狭くなることもある。リードになるということは、視野を広げて何が起こっているか理解し、アーティストがそれを理解するのを助ける仕事。本人が消耗していては、視界が狭くなる

-大多数の人が気づいてないと思うことで言いたいことは?
・プロジェクトの最後にリードと話をする。自分の仕事ぶりがどうだったかと聞いたら正直な返事がもらえないかもしれないが、「誰の仕事ぶりが良かった?」と聞いて、名前が挙がったその人をお手本にする
・生活スタイルを自分で作り上げる。大きな会社に勤めることが絶対のレールではない。半年休んで半年仕事、などしている人もまれにいる
・リードするのは誰にでも向いている仕事ではない。本当にやりたいかよく考える。いずれにせよ、リードポジションになってからあえてシニアに下がるという選択肢も多いにあるし実際にやっている人がいるから一方通行ではない
・周りの人とのやりとりを楽しんで、仕事を楽しんで。私たちの仕事の他に良い仕事がある?

[海外生活] アムステルダム&ハーグで美術館めぐり 後編

夜景を見るため暗く待つことしばし。ホテルからそんなに遠くなかった「マヘレの跳ね橋」へ行くことに。木造で、現地で「ほっそい橋」と呼ばれてるそう。このタイプの橋、ゴッホ美術館で彼がオランダを懐かしんで描いた作品にもありました

これといったアイコンが無くても、夜景の運河全体的に綺麗!建物が雰囲気でてますね



帰り途中ハイネケンの歴史や試飲を楽しめる「ハイネケン・エクスペリエンス」を通るも、ここは今回はいきませんでした。(ハイネケンはオランダ生まれです!)


金曜夜だったのでテラス席で飲んでる人いっぱい。



3日目:もう今日は最終日。お昼はホテルで予約しちゃって午前中あんまり動けないので、初日にチェックしたMoco Museumにバンクシー作品を見に行くことに!
時間によっては入場に並ぶようですが、朝一だったのですんなり入れました


個人的に見たことない作品や、過去に開催されたバンクシーのテーマパーク「Dismaland」からの作品もありました!




中で一番気に入った作品。バンクシー自身が彼の活動(公共物を破壊する形で作品を残すという犯罪行為)に対する贖罪を求めていると言われています。。

他、たっぷり皮肉の入った作品たち。







美術館には、バンクシーほか、同じく現代アーティストとしてリクテンシュタインの作品もありました。
ゴッホ展で見た作品のリクテンシュタイン版!しかも立体!(ゴッホの作品はネットから借りました)




美術館をでて近場のミュージアムショップへ。オランダならではのグッズが可愛い
フェルメール「牛乳を注ぐ女」のレゴもある





ホテルに戻ってレストラン「山里」でコース料理いただきました。ロンドンでもこんな本格的な日本料理は食べません・・日本でも滅多に・・・一人旅の贅沢ってことで!こそこそ写真とってたので一部ブレてますが写真を。お料理は美味しかったですが、予約ゴリ押ししたせいか、綺麗とレビューがあった外庭の景色が全く見えない内側の席にポツンと座らされたのだけ残念。ランチコース55ユーロほどでした。






ホテルをでて、もうたっぷり時間はないのでアムステルダム中央駅周辺の写真を取りながら、「レンブラントの家」に向かうことに。ここは、めちゃいきたい!ってほどではなかったのですが、近場出しちょっと行ってみようかな、と思ったので。


年配の日本人の方々がちょこちょこいました。名前の通り、レンブラントが20年ほど生活しながら作品作りをした家です。
タイミング良く、スタッフの方によるエッチング技法解説セッションが見られました。目の前でレンブラント時代の複写機を使ってエッチングのプリントをしてくれました!道具の説明なども。ここではこの解説が一番楽しかった。



紙の質でプリントの質も左右されるとのことで、和紙も例として挙げられていました。


レンブラントのアトリエ、彼自身の参考作品コレクション置き場など、レンブラントの生活を感じられる作りになってま



家をでて、すぐ隣でマーケットをやっていたのでぷらぷら。この雑多な感じいいね!



駅に戻りながら写真を取りました。ボート乗ってると外の人に手を振る万国共通習慣!こちらはプライベートパーティみたいですね。誕生日か、結婚パーティか、運河がある地域ならではですね。楽しそう!


街のあちこちにある「Coffee Shop」は合法的に大麻が吸えるところです!私は一人旅だし怖くて行かずw 街中で結構匂いがしますw この匂い不快


ポストカードでもちょくちょく見る歪んだ建物群・・どうしてこーなった?客観的には味があっていいけどここには住みたくないw




駅にあった揚げ物自販機!



あとはスキポール空港に戻って、遅延した飛行機を待ちながらまったり。いつもスタバで使う名前「Jessica」。「しずか」って店員さんに言うとお互い最高にめんどくさくなるのでw
スキポール空港は広々〜としててショップや施設も多いし、毎回過ごしやすいです。



ロンドンに無事到着!


二泊三日、ゆっくりするつもりが結局あちこち行ってしまいました・・が、いいリフレッシュになりました!全然勝手がわからない地にいくのって五感が刺激されてたまには良いですね〜 アムステルダムは英語さえ喋れれば観光者にも行動しやすいと思います。街のみ〜んな英語しゃべれるし、会社のオランダ人同僚も訛りがあんまりなく英語うまいです。時間がなくていけなかった風車の街に今度機会があれば行ってみたい。




Sunday, July 8, 2018

[海外生活] アムステルダム&ハーグで美術館めぐり 前編

日本に帰省する度に乗り換えるだけだったアムステルダムに、やっと降り立ちました!ロンドンから40〜50分のフライト。代休が溜まってたのと、海外旅行にしばらく行ってなかったので気分転換兼ねて。一人旅なのでのんびり美術でも楽しもうと思ってガチガチに予定を立てなかったものの、美術館だけでも行きたいところがどんどん出てきて結局2泊3日で5箇所美術館に行くことに...
今回の旅のバイブルもいつもどおりロンリープラネット


スキポール空港を出れば電車の駅に直結してました。券売機での電車チケットは英語表記もありわかりやすく、迷うことなくアッサリ購入。2等席(標準値段)



テキトーにセントラル行きに乗ったものの、なんか違和感...あれ、私1等席(値段高い方)に座ってない?!乗ってるうちにどんどんそんな気がしてくるけど、ガラッガラだったしすぐ着くはずなので、怒られたら移動しよう〜と思ってそのまま乗ってました(コラ)...特急だったのか、10〜15分くらいでセントラル駅に到着。近!






駅の外観、周りの建物の雰囲気が良い!駅は東京駅のデザインのモデルだそうで。トラムだ〜!運河だ〜!と写真をパシャパシャ、観光者丸出し。
駅で地下鉄・バス・トラム乗り放題チケットの3日用(16ユーロくらい)を買って、ホテルに向かうことに。
地下鉄とトラムを乗り継ぎ。あとでトラムのみでもホテルからいろいろ行き来できることがわかったので、結局旅中で地下鉄に乗ったのはこれ一回きりでした





チェックイン。アムステルダムのホテルを探しているときに、全体的に高いことが判明したので、もう高いついでにちょっといいとこ泊まろう!と、ホテルオークラを予約。日系のホテル初めてかも?!お風呂の写真で決めました


ちょっと休憩してから、徒歩で街を見ながらここは行きたい!と思っていたヴァン・ゴッホ美術館へ向かうことに。着いたら4時くらいでした。前もってオンラインチケットを買ってましたが、前売り買ってないと入場できなさそうな感じでした。時間帯によるかもしれませんが。


常設展とは別の期間限定特別展は、「ゴッホと日本」!!ゴッホがいかに日本の画家に影響を受けたか、ゴッホの日本・日本画に対する言葉と共に日本画と対になるように展示。 西洋と東洋の融合アート大好きなのでテンション上がって(*´д`*)ハァハァ


私が買ったチケットはオーディオガイド代も入っていたので、レンタルしてじっくり解説を聞けました

常設展もチェックしましたが閉館7時に近づいてきてどんどん「もう閉めるよ〜」オーラが。最後はちょっと駆け足でしたが閉館ギリギリまでいました。

ショップにあったゴッホコスプレのミッフィー!!!!(ミッフィーもオランダ生まれです)


7時で観光名所は大体閉まってるので、この日のメインは終了。ゴッホ美術館すぐ近くのRijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)辺りで写真をパシャパシャ。すると向かいにあったかわいい建物のMoco Museumというのをたまたま見つけました。ば、Banksy...の展示がある..!これ、観とかないと!後日行くことに。(イギリスBristolにBanksy作品求めて行った過去あり)



バイブルを読むと、おすすめオランダ料理を食べられる家庭的レストランがこの場所の近くにあるっぽい。ホテルに戻る方面だし都合も良いので行くことに。
ガチガチ伝統的なのが食べたいです!とイケメンの店員お兄さんにリクエストして出てきたのがこれ。しっかり味のソースがかかったビーフがほろほろに柔らかった!あとはポテトに野菜・・こじんまりしたビストロ風で雰囲気も良かったです。



ホテル帰り道、人がぞろぞろ吸い込まれるように入っていく小さめのビル入り口があったので一緒に吸い込まれて行ったらビンゴ!スーパーでした。旅行行くたび地元の人が使うスーパーに行くのが好きなので色々物色。サラミ、ウインナー、チーズ類が充実してる。私が好きな(!)リコリスの種類が多い!!!当然買う。この後はホテルでゆっくりして1日目終了。




二日目、観光ガイドを見ていた時にちらっと目に入った「エッシャー美術館」に行くことに。自然の中の幾何学形が大好きで、エッシャーの作品に同じものを感じるので彼の作品だけの美術館があると知ったら行くしかない。場所を調べたらアムステルダムじゃなくてハーグ・・・でも、アムステルダムから電車で十分いける距離!ということで朝からトラムと電車乗り継いで向かいました。電車乗りながらスマホでハーグ情報調べてたら、Mauritshuisという美術館に真珠の耳飾りの少女があるのを発見。ついでに行くか〜!と行き当たりばったりに予定追加。
アムステルダム〜ハーグ車窓より。
今回はちゃんと2等車に乗りましたw


デン・ハーグセントラル駅。インテリアがモダン!議事堂、各国大使館等々、が集まっていて、事実上オランダ首都だそう。駅周りの建物も歴史を感じさせるものより新しいピカピカビルが多い。




エッシャー美術館は歩いて10分くらいなので早速公園を抜けて現地に向かう。天気がいい!
道中の景色。やっぱりここでも運河でボートは欠かせない。私が行ったエリアがそうだったのか、アムステルダムより人が少なめで落ち着いた印象。ビジネスマンらしき人は多いけどやっぱり観光者はアムステルダムに行くからかな?




エッシャー美術館到着!元宮殿として使われていた建物らしく、その解説が中にありました。外観から素敵・・


小学生団体がいたので避けるようにw順番を無視して廻りました!内装も素敵!展示の仕方で一番面白かったのはコレ。立体的にぐるりと見て「終わり」がない!(^o^)



こういうのも立体的だから実物を見てこそ楽しめますね



一番上の3階は視覚のトリックを実体験できるコーナー。これ、歩きながら見てたら瞬間頭がグワーン!と酔った感じになりました。立体になっていて、見る角度を変えるにしたがって立体物の角度自体が動いているように見えるんです!えと、3Dカメラプロジェクションしたものを全然違う角度から見たら変に見える感じですねw


エッシャー本人の気分にもなれます



珍しく、ショップで本を買いました。エッシャーがどういう考え方で作品を計画しているか詳しい本人の解説が





美術館のカフェで休憩してから、歩いてすぐだったので次の目的地近くをちょっとぷらぷらして議事堂周りで写真パシャパシャ。





そのすぐ近くにある、Mauritshuis(マウリッツハイス美術館)へ。真珠の耳飾りの少女目当て。むか〜〜し日本に作品が出張してきた時に見た記憶があるけどせっかく本場オランダで見れるなら!と思い。小さめの部屋がたくさん集まっているレイアウト。ここも人はそんなに多くないのでゆっくり見られました。フェルメール、レンブラントの有名作品があります。





あった!さすがに真珠の耳飾りの少女の前はちょっと人だかりが。昔は1ユーロ相当で売買されたそうな・・・。館内では日本のビジネスマン?らしき数人の方が日本人ガイドさんに連れられて鑑賞してました。他にもご年配の日本人観光客団体がいました。




ちょこちょこ写真を取りながらきた道を戻って駅からアムステルダムに戻ることに。これ何鳥?!


電車の中ではwifiが繋げられて、こんな風に運行状況も見られます


アムステルダム帰還!人が多い!w ハーグ日帰りは思ったほど遠くなく、余裕で行けました。
本当、自転車の街ですね。オランダは右側通行なので自転車がどっちからくるか一瞬混乱して歩行者的にも怖い・・(イギリスはマイナーで日本と同じ左側通行)



もう入場する系の場所は閉館している時間なので、街の行ってない近場の観光名所をプラプラ。

ロイヤルパレス前、広場に人が多すぎて若干人酔いw 写真では人が入らないようにしましたw



ホテルに帰還して、ホテル内にある気になってたレストラン「山里」を予約することに。ディナーは100ユーロ超えるらしいので、次の日のランチに(小心者の庶民)・・。コンシェルジュさんに予約お願いしたら、館内電話越しに予約いっぱいと言われたけど、一人ぐらい大丈夫でしょ、とゴリ押ししてくれましたw
明日の昼がゴージャスになったのでこの夜はバランスを取るためにスーパーで出来合いを買って部屋で食べましたw

ホテルの部屋で、もう今日はゆっくりしよ〜と思ったものの、まだ時間があったので、近場で夜景の写真でも撮るかな・・とネットで夜景スポットに目星を当てる。でも、待てども待てども暗くならないw
日が沈むの遅っ!5月なのに21:42。ちなみにロンドン20:58。ロンドンよりあんまり経度が変わらない割に時差は1時間早い=暗くなるのが遅い。




部屋からの景色。ひたすら暗くなるのを待つ・・・パート2に続く。