CG study (After Effects, Nuke, Maya...), English study and more.
Back to my website
---http://www.shizukafolio.com

Monday, March 13, 2017

[海外生活]Brightonでハーフマラソンに初挑戦!

ブライトンでハーフマラソン走ったレポです!

3年くらい前から健康目的で日常的に走りはじめました。元々運動オンチなので自分の体力を全く信用せずw 5km、10km、10マイル(16km)とランニングイベントの参加距離を1年ずつ増やしていきました、で、ついにハーフマラソン挑戦です!いつもイベントで一緒に走ってるお友達と参加で、夫は走らないけどブライトンまで遠足だと一緒に付いてきましたw😀
ブライトンは1年前の冬に観光で来たので2回目です。

2/26日曜がイベントで、もちろん朝早いので土曜の夜ロンドン→ブライントンへ行き、一泊して、日曜にロンドンに戻る事に。


土曜夕方、ビクトリア駅で友達と待ち合わせて出発。イギリスでの地上の電車は3人以上でピーク時間外だとグループ割引になるので、一人往復10ポンドでした。




おやつがないと遠足にならない!ので前日にちゃっかり買いました。電車のテーブル席にて。


1時間ちょっとでブライトン到着!1年前が懐しい。ちょっと寒い&風が強い感じ。海辺だし風はナメてはいかん!と防寒対策はばっちりしてきました。




ひとまずホテルにチェックインすることに。メルキュールホテル。この辺のホテル、リゾート地なので雰囲気は悪くないんですがなんだかどうしても拭えない昭和感…。なんかいろいろ古くてちょっとサビれてる感が(失礼)。前はヒルトンに泊まったけど昭和感が同じだった…
次の日走った後シャワーを浴びたいので、チェックイン時にチェックアウトを12時から1時に変更して貰いました。追加料金は無し。



みんなお腹が激ヘリだっので、街をフラフラするも"もう、ここにしちゃお!"というノリで雰囲気の良さそうなN.O.32というレストランバーへ。とりあえずビール、い、一杯だけ!スターターにムール貝をシェア、メインにはマッシュポテトが付いてて走る前の炭水化物摂取にいいかな?(テキトウ、、ご飯のほうが良いと思う)とBBQ Pork Bellyを注文。普通に良い味でした。それよりもインテリアの雰囲気が良かった。





スーパーで明日の朝食を買って、ホテルに戻って、バーでもうい、一杯…だけ!今度はハーフパイントにして、そのあとは明日に備えてお開きに。(地味に皆仕事疲れがたまっててはっちゃける元気が無かった…)ホテル戻った後思いっきり寝落ちしていた夫と私…。


朝、いよいよメインイベント!前日スーパーで買ったフルーツと、シリアルバーをちょっとかじってあまりお腹いっぱいにならないように気をつけました。バナナはランナーっぽいから外せない


ホテルから会場のスタート地点へ徒歩で向かいました。天気予報通り天気悪っっっ!!!雨は、パラパラ振ったり止んだり。名所の時計台で待ち合わせしてるひと沢山。どんどん人が増えてきて緊張と共にワクワク。ランナーっぽいめちゃカッコいい脚✨してる人がいっぱいいて、ウットリ…😂


盛り上げ隊の方々 ハイタッチならずロータッチしてました


ゼッケンとかは事前に自宅に送られたので、特に手続きもせず申請した予想タイムのスタート地点で待ちます。風があって寒い!これ、じっとしてる応援隊の人のほうが寒くて大変そう!
ここで夫とお別れ。彼は特に応援しませんwwwので街にひとりで散策に行きましたw
友達とスタート前にとにかく楽しもう!自分のペースで!と励まし合い。前回の10マイルは1km6分で走ったので同じペース計算で2時間6分目標で。とにかく無理せずケガせず完走目指します。


いよいよスタート!参加人数が多いので私はスタート時間から6分位遅れてスタートライン越えました。これはゼッケンに付いてるチップでちゃんと記録されて差分計算されます。
友達は私より速いのでいつも通り結構早くから離れちゃいました。ここからは自分でどれだけやれるか。iPhoneを体に付けて、RunKeeperというアプリで5分起きにペースを音声で言ってくれるよう設定しました。
こんな大きい大会は初めて参加だったのですが、特に前半は人が固まりがちなので結構人が多くて道が狭いところもあって走りにくい!私を抜かしたい人、私が抜かしたい人、何度かぶつかっちゃたりしました。(もちろんお互い謝ります)



オフィシャルサイトのコース映像でイメトレはしてたのですが、比較的坂の無いコース。気温的には寒めで、それが走るには最適なのですが、風が強かった!!前半はとにかくペース飛ばさないようセーブしながら。10km-16km位までは結構向かい風でキツく、段々1km6分以上に失速してましたが、スピードダウンしてもできるだけ一定ペースになるよう気にしました。10マイル越えてからは人生最長距離です。心臓はまだ大丈夫だけど、脚にきてるのがだんだん分かりました。もう、単純に必要以上に酷使されてる感じ。昔初心者ミスで痛めた足の甲に違和感がでてきます(いつも走り過ぎるとこうなる)。その後はUターンして、今度は追い風に。同時に晴れ間も見えてきて海もよく見え17km位から後半凄く気持ちよかった!!もう写真は最後、ゴールの時は撮る元気ないと思いパチリ。



この辺のちょっと後で60歳くらいのおばあちゃんに抜かされました。まじっすか?!あんなおばあちゃんになりたい!!

コースのあちこちで歌や演奏で盛り上げてくれてます。
それに加え、ゴールに近づくにつれ、応援してくれる観客が増えてきました。お菓子配ってくれる人、掛け声かけてくれる人、サイドからハイタッチして!ポーズしてる可愛い子供たち💕あと200フィートだよ!と言われ、メートル法でお願いしますっ!と混乱する私w この時点で最高にフラフラではなかったので、やりすぎないよう(極端にやると脚つったり危ない)最後の500mくらいはダッシュして・・・ゴールしました!



Runkeeperをストップさせると、2時間2分、自分比で思ったより速く走れました!折角なら2時間切りたかったけど、、初ハーフ完走したので良しとします!終わった後には写真にあるような保温のシート配ってくれてました。ゴール近くで普段はあまり真面目にやらないストレッチを念入りに。メダルと、スポンサーのスナック貰ってフラフラ歩いてると友達と合流!彼は途中脚つってしまいましたが無事私より速く完走してました。
ホテル帰り途中、また天気がどんどん悪くなって私の帽子が飛ばされるlほどの風になってましたがもちろんまだまだ走ってる人がいました。がんばれ〜〜!

ウェブサイトに記録が残ります
ホテルで夫と合流、シャワーを浴びて、寝そべってやる系のストレッチをやってちょっと休憩してチェックアウト。今回のミッションのひとつ"走った後ビールを飲んでフィッシュアンドチップスを食べる"を実行します!疲れてて適当に近くの場所選んじゃいました…。"ここは、ビールありますか?!"としっかり確認して入店。店員さんと"マラソンしてきたの?あれって、賞金とかあるの?!✨"そういえば、知らない…。


暑くなく体力を必要以上に奪われなかったからなのか、あんまりお腹が空いてなかった私。いつも通りポテト残しました…。夫と友達はこの後アイス屋さんで乙女にアイス食べ、私が見守るという構図に。その後すぐ電車でロンドンに戻りました。

ハーフマラソンの目標が無くなったので今度はフル!とはしばらくならない・・かな?後日談があったので。暫くはゆーーーーっくりと負荷かけつつ体力増やしていきたいな。それにしても後半の気持ちよさは忘れがたい!走る人がどんどんハマっていく気持ちが少しわかります。

後日談:次の日そんなに筋肉痛が無かったので運動はせずとも調子に乗って歩きまくっていたら、その次の日火曜の歩き中に足の甲の外側に炎症のような痛みが!!数日歩くのも辛くて1週間最低限以外動かないようにしました。。

教訓:体をきちんと休ませる!!😭

Saturday, March 4, 2017

[English] 4回目のIELTS!&勉強資料紹介

IELTS4回目受験しました。ロンドンで。

・・・なんで4回も?テスト大好きだから?と思ったそこのアナタ、違います!嫌いです、受験料高いし(T_T)理由は、スコアは2年で失効するからです・・・。カナダやオーストラリアやイギリスのビザ関連で必要なので常にスコアを保持するために受けました。
遡って過去のスコアと比べてみました。

L: リスニング R:リーディング W:ライティング S:スピーキング です。2017が今回受験の結果です。

2009  L:6.5  R:5.5  W:6.5  S:5.0  Overall:6.0
2013  L:7.5  R:7.0  W:6.5  S:7.0  Overall:7.0
2014  L:7.0  R:6.5  W:6.5  S:6.5  Overall:6.5
2017  L:7.5  R:7.5  W:6.5  S:7.0  Overall:7.0

ライティング安定(?!)の8年連続6.5!!!と言う驚きの結果に・・。しかも、今回はライティング重視して勉強したにもかかわらず!orz ただ、試験でライティングの時間配分かなりしくじった感がありました今回。一方リーディングが手応えあって自己最高取れました。次回はいい加減ライティング7.0いきたいです・・・。



今回勉強に使った&参考にしたもの紹介します。

スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集
日本語教材の中で良さそうだったので帰省の時に買いました。

Ace the Ielts: Ielts General Module - How to Maximize Your Score (3rd Edition)
英語版はこちら使いました。上の日本語の本はAcademicモジュール用で、私はGeneralモジュール受験だったのでReading問題をやりたくて。

IELTS answers.com
ライティング採点サービス使いました。30USDでライティングタスクを4回まで添削してくれます。採点が本番に比べて結構厳しめな感じがしましたが、そのくらいが練習には良いかも。

資料として読んだもの
http://www.roadtoielts.com/testdrive/
ブリティッシュカウンシルのラーニングサイト。Advice and tutorialsタブのアドバイスビデオみました。

オフィシャルに公表されているライティングの評価基準チェック。(pdf直リンクです)
http://takeielts.britishcouncil.org/sites/default/files/IELTS_task_1_Writing_band_descriptors.pdf

http://takeielts.britishcouncil.org/sites/default/files/IELTS_task_2_Writing_band_descriptors.pdf

Podcastは、IELTS用にはこれ聴いてました。眠い時に聴くのはおすすめしませんw
IELTS Test Prepcast


教材ではないですが、ここ2年ほど洋書を普通に読むようになったのはリーディングスコアアップにつながったかもしれません。脳に関するノンフィクションが好きなので今読んでるのはこれです。




今回、ライティング採点サービス初めて使ってみましたが、やっぱり書いたものを採点してもらうと自分がどれだけできてないかわかって参考になります。私はespeciallyとspeciallyの違いがわかってないのとか発見したり。しかもスピーキングと違って重箱の隅ツツキで添削され、形に残るので、後で復習もしやすいです。これはいつまでも中途半端で頭打ちになってる自分の英語力打破に良いのでは?!と思ったのでIELTS関係なしにまったりやれるオンラインライティング採点サービス探してちょこちょこやろうかと思ってます。

[Nuke] キーイングTips1: alpha編

twitterやGoogle+コミュニティでアイデアのご意見を募集していたNukeでのキーイングTips(色・明暗などの成分から画像・映像の一部を抜き出して合成する作業)、数回の記事に分けてお送りします!


注意!
キーイングだけではないですが、コンポジットにこれだという正解はありません。
この記事は、私の経験と今まで勉強した教材や人の教えを元に「こうすれば上手くいくことが多い、視界が開ける」という内容をまとめたものです。ですので、あくまでも参考程度にしてください。


全編を通して各ノードの使い方というよりも、大きい考え方をご紹介して、細かいオペレーションの仕方は既に良記事がいろんなサイトにあるのでそちらをリンク付きでご紹介します。


Tips 1: alpha編



キーイングする際、基本的にalphaとrgbは分けて作業します。(もちろん例外あり)これは、alphaのために行った作業がrgbに思いがけず悪影響を及ぼす(またはrgbに対する作業がalphaに悪影響する)のを防ぎ、作業管理をしやすくするためです。



キーを抜くのにパッと思いつくノードは以下のようにあるかと思います


Keylight
IBKGizmo, IBKColor
Primatte
Keyer
Difference
(Ultimatteって使ったことない..)

…が!




ポイント1

キーイングする=キーイングの為に設計されたノードを使う、とは限らないです。
「どのキーイングーノードがいいですか?」という質問を今まで何度か受けましたが、答えは「これ、というのは無い」です。
明らかにきれいめなグリーン(ブルー)スクリーンであれば上記のノードをまず試すのをおすすめしますが、それでうまく行かなくて、どうしても抽出できない場合があればどうするか?
忘れていけないのは画像はピクセル値の集合なので、その数値に条件付け、その条件の組み合わせ、またはキーイングする前に何らかの処理をすることによって抽出できる可能性が一段と上がります。




キーヤーノードでうまくキーが抽出できないとき、私が試すこと



・私が一番大事と思っていること!作戦を練るためにViewer window, SliceTool(Samplerノードでも可)などで画像の値をチェックする
(撮影機材やコンフォームのされ方、カラースペースによって値がものすごく高かったりマイナス値が混ざっていたりする場合があるので、その対策をするのにも値をチェックするのが有効)


値をチェックするプロセスに関し、この本に詳しく書かれています。
参考資料:ノードベースのデジタルコンポジット -コンポジターのための理論と手法




Keyerノードのoperationをデフォルトのluminance以外に変える(saturation, min, red keyer....)
インプットのカラースペースを変えてキーイングする (HSV, HSL, YPbPr, YCbCrなど、有効ならなんでも)
HSVToolノード(H,S,Vの選択範囲の組み合わせが一つのノードでできる)HueKeyerノードは、個人的に数値で制御しにくいので使いません・・
rのルミナンス、gのルミナンス、Hue…..などの成分を取り出し、それぞれをChannelMergeのオペレーションで組み合わせる



ポイント2


キーイングする前に下準備として、デノイズ、クリーンプレート作成をするとキーイングがより効率的にできる場合があります。

デノイズ:キーイングする前にデノイズすることによりアルファのちらつきを防ぎます。Denoiseノードか、プラグインNeatVideoがよく現場で使われていますが、注意したいのは何でもかんでもデノイズすれば良い、というわけではないことです。髪の毛など特に細かいディティールに対してデノイズをかけすぎるとディティールが無くなってしまいますので、適材適所で。

クリーンプレート作成:ムラのあるグリーン(ブルー)スクリーンを、キーイングする前にフラットにすることにより綺麗なアルファを抽出できるようにします。これに関しては過去に記事を書いているのでこちらを参照してください。作業ステップごとの作業を解説してくれている外部良記事も紹介しています。無料配布ギズモPixelfudgerのPxF_ScreenCleanでも同じ目的が果たせますが、過去記事リンクに貼っている基礎概念を理解すると自分で応用調整がしやすいです。
また、このような一定のプロセスで綺麗にできない場合、トラッキングやペイントなどで手作業で部分クリーンアップする場合もあります。


補足


・大作映画であろうがどんなケースであろうが、実際の現場ではチュートリアルにあるような綺麗なグリーンスクリーンで撮影されている状態の方が稀です。いろいろなテクニックを使って部分部分うまくいっているところをKeyMixする前提で作業を進めましょう。一つのオペレーションで画面全てのキーがほぼ綺麗に抜けることの方が珍しいです。
好きなメイキングを見て、自分だったらどうするか想像してみてください。このビデオの0:28のあたりとか、スタジオ撮影でよくある良い例です。こう言うショットの場合大規模プロダクションだとPrep(下準備)アーティストがグリーンを綺麗にしてコンポジターに渡してくれます。




・髪の毛やモーションブラーがかっているような細かい部分はどうすれば良いか、という質問を数人から受けましたがアルファ抽出に関していうと上記に紹介した方法をいろいろ試すのが有効で、ロトという選択肢は最後の手段と考えたほうが良いです。(経験上ロトでやっても多分うまくいかないです。)場合によってはアルファを抜くことよりも、RGBの処理具合とマージの仕方がポイントになってくるのでそれに関しては引き続きの記事で紹介します。


質問あれば、コメントにどうぞ!


Thursday, February 9, 2017

[Compositing]デモリール更新


Shizuka Fukuda Compositing Reel 2017 from shiz on Vimeo.

デモリール更新しました。
 会社の要請でパスワード保護しているので興味のある方はshizuka67(アットマーク)gmail.comまでリクエストお願いします。
初めて12インチのMacBookでDavinci Resolve使って編集しました!モ、モニタ欲しい・・。

以下の作品が入っています。

アサシンクリード(2017)
スタートレック ビヨンド(2016)
The Brothers grimsby (2016)
ハンガーゲームFINAL:レボリューション(2015)
PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015)
シンデレラ(2015)
Xメン:フューチャーパスト(2014)
シャネル ココ・マドモアゼル CM(2014)
etc.




Friday, January 6, 2017

[海外就職]日本人にもチャンスはある!イギリスでVFX業界就職


明けましておめでとうございます!

実家近くで元旦の初日の出・・じゃなくて日の入り

はじめに、ご挨拶として昨年Google+コミュニティ Nuke Users Japanに書き込んで下さった方々ありがとうございます!これからも盛り上げていきたいのでよろしくお願いします。すごい方々が回答してくださってますよ奥さん!!質問・要望大歓迎です!

 最近業界関連の記事を書いてなかったので新年第一弾はイギリスVFX業界就職について。

 ここ近年ではカナダの業界に就職して活躍していらっしゃる日本人の方々がだいぶ増えていると聞きました。海外就職を目指している人にとってチャンスが増えているという点、人材の流動性が出るという点ですごくよい状況だと思います!就労ビザも他国に比べたらかなり取りやすいようですし。ワーホリビザは応募すればほぼ確実に取れるとも聞きました(が、2017年から制度が変わるようですね?!)
 
 一方、私がいるイギリスロンドンでは業界で働いている日本人の方はここ4、5年一定数のままです。(VFXに限ると10人前後?ゲームや映像関連の方を合わせるともう少し増えます)大都市の割に業界の日本人が少ないですが、イギリスやヨーロッパ方面の就職に興味があるという声もたまに聞くのでどういう状況なのかご紹介します。
海外就職タブ「イギリスワーホリでコンポジターとして働いた」記事に書いたことと一部重複していますが、最近の状況もこれらの記事を書いた時とあまり変わっていません。

ポイントとしては
・ロンドンは仕事はたくさんある
イギリスも政府が税制優遇しているため映画の仕事は常にあります。近年ではカナダに支社を作ってロンドンと分担・もしくはカナダに全てまかせてプロジェクトを進行させるイギリス会社も多いです。今後カナダの方が仕事多くなるんじゃないか?という声もありますが、特に映画は流動性が激しいのでなんとも言えません・・・が今はロンドン全体としては仕事は沢山ある状況です。

・スキルと職歴、最低限コミュニケーションを取れる英語力があれば、求人のタイミングさえ合えば日本人でもオファーは出る。
実際去年日本から応募してイギリスに就職した方が居ます。私はワーホリビザで現地に居た時、その後カナダで働いていた時イギリスの会社からオファーをもらいました。私の旦那さんは現地に入ってから就職活動をしてオファーを得ました。

・EU圏の人材はイギリスで働く・住むのに就労ビザが要らない。その点では日本人は非常に不利
これ、かなり大きいです。カナダはカナダ人以外ほとんどビザがないと働けないのと比べると特に。Brexitが本格的に始まったら少し状況は変わるかもしれませんが、今現在イギリスではVFX業界を含めEU圏の人材に大部分を頼っている業界も多いので技術職がすぐに大きく変化することは考えにくいです。

・イギリスの就労ビザって取りにくい?答え:No
上の条件のせいでイギリスは多くの人材をビザなしで賄えるため、「ビザサポートしてまで人材を得る必要性」が低くなります。
しかし、VFX業界は就労ビザのスキルドカテゴリに入るため比較的条件は緩めです。日本国籍であればスポンサーが居て書類さえ準備すれば比較的スムーズにビザのプロセスは進みます。Tier2:Generalカテゴリだと英語スキルが要求されますが専門職では要求されるレベルがかなり低いです。よく聞かれた時に言うのですが一番難しいのはオファーをもらうこと・・!


・ワーホリビザで(イギリスでの正式名称はYouth Mobility Scheme)来たくても確率の低い運まかせ
イギリスワーホリは年1000人抽選で非常に狭い門、完全に運。ワーホリで来れたとして、2年ビザが有効なのは非常に好条件だが、ポンド高のため仕事なしで現地で就職活動し続けるのは場合によっては厳しい(ネットで日本のクライアント相手に仕事をしたとしても、やはりポンド高の為余裕はあまりできないかも)


まとめると、条件としては難しめだが不可能では全くない!ので、イギリスやヨーロッパに行きたい!という人には是非チャレンジして欲しいです。
イギリス外で海外就職して豊富な経験がある方ならタイミング次第でチャンスは十分あると思います。ただこのような条件のため経験が浅い人、新卒の人には狭き門となるので(EU圏出身の人材に対して抜きん出るものが少ない)将来的にイギリスに行きたいとしても、イギリスに応募すると同時にカナダや他の国ににも応募するのをお勧めします。
私の場合、イギリスワーホリ時仕事は得ましたがコマーシャルやTVメインで、映画メイン会社には「君には映画の経験がない」と言われことごとく落とされました。モントリオールで1年半映画のみ、みっちり経験を積んでその後Dnegロンドンからオファーを貰えた経緯がありますので、ご参考までに!

Friday, December 30, 2016

[海外生活]お酒を買うにはID持参で!

イギリスでは"お酒を買う人が25歳以下に見えたらID提示を要求しろっ!"という法律があるため、30半ばのいい歳の私でも結構な確率でIDを求められます。
"えーっ若く見える私?!困ったな~❤️"という気持ちになる一方、まあ、西洋人から見たら若く見られがちなアジア人ならとりえあず問答無用で求められてる感じ…なので私に限ったことじゃない…ね…

今はBiometric residence permitというカードを持っているのでこれをIDとして提示しますが、以前は制度が違っていて私はこのカードを持っていなく、免許証ももってないのでパスポートしかイギリスで有効なIDがありませんでした。パスポートの原本を普段持ち歩くわけにはいかないのでコピーを持ち歩いててもコピーはダメと拒否されることが多く(ゴネるとたまにokしてくれる)、スーパーはもちろんパブですらお酒買えない、クラブに入れないなどめっちゃ煩わしい数々の思い出が…。
 ちなみにモントリオールではクラブ以外全くID求められませんでした。(若く見られなかった!?!?💧いやそもそもスーパーや酒屋でID求められてるの見たことなかった…)ところ変われば全然制度が違いますね。モントリオールのケベック州はお酒の制度はまだ寛容な方と聞いたのでカナダ別の州ではまた事情が違うのかもしれません。