CG study (After Effects, Nuke, Maya...), English study and more.
Back to my website
---http://www.shizukafolio.com

Monday, September 3, 2012

[CG]海外就職のリアルごく一部

海外就職のリアルごく一部

日本でお仕事していた時に「海外で働きたい」という人が何人か居たので私の少ない経験ベースですがリアルを一部ご紹介します。あくまでも私の環境なのですべてにおいて同じ事が言えませんのであしからず。

私はシドニーとロンドンでお仕事をもらいました。(Motion graphic designer, Compositor)、両国ともフリーランスで私は稀なケースだと思いますが、フリーランスならではの部分もをご紹介できると思います。(私はフリーランスなので「就職」はしていないですが、分かりやすさの為「就職」とタイトルに付けました)

-----------------------------------------


・リールが9割ものをいう。トップに自信作かつ応募ポジションにマッチした作品を入れ、かつ3分以内。

・応募しまくる。「まだ自分にはレベルが足りない」と思っても応募する。ロンドンはお国柄かリールに加えて人脈が重要。シドニーはそうでも無く実力があればOKな感じがした。うざがられない程度に積極的にRecruiterにコンタクトする。返事がこなくても普通の事。脈がありそうだったけど連絡が無いときは時期をみてそれとなく自分からコンタクトし直す。「○日までに連絡する」とかいってしてこないのは向こうの人では超普通。彼らにとって重要な事じゃないから。電話することにビビらない。チャンスを逃す。

・日本的謙遜の心は海外就職活動では捨てる。「○○ができる」と自分をアピールしまくる。他の人は皆そうしているのにあなたがしなければ誰にも気づいてもらえない。

・新卒を採用して育てていく余裕がある会社は少数。会社はどこも、あなたが会社の近くに住んでいて来たその日から「仕事が出来る」のを期待してる。

・就職活動する時点で実務経験最低3年以上が理想。業界的に3年以上経験があれば「(本当の意味での)経験が最低限ある」と思ってもらえる。

・基本の知識は全て知っている事が前提。Compositorならカラースペース、Linear/Log、Unpremult/Premult、データの扱い方、カメラの知識などなど。新卒就職ならまだしもフリーランスで基本を知らない人は致命的。他人とファイル共有することをきちんと考えないでぐちゃぐちゃなコンポジットする人は完璧に嫌われる。逆にコンポジットが奇麗で「賢い」やりかたをしているとデータ共有した時かなり印象がよくなにも喋らずとも勝手に自己アピールになる。

・資料を探せば誰でもわかることに関して、教えて君はだめ。最低限自分で調べてから質問する。「誰かに教えてもらう」姿勢では競争に速攻置いて行かれる。「トラッキングの仕方がわからない」「カメラプロジェクションの仕方がわからない」とか言っても快く丁寧に教えてくれる人は、よっっっぽど優しい人。

・いい意味でも悪い意味でも実力主義。実力があっても仕事がなければ契約終了。ドライ。

・英語は日本人にはハンディだけどそこばかり気にしても仕方ないので仕事内容で認めてもらうようにがんばればいい。でも仕事ができる程度は必須。自分で勉強する。幸いにもこの業界では洋書教書やネットの英語資料を見てる、読んでるだけでも必須英語、業界用語が身に付く。「海外で働きたいけど英語に自信がなくて、、忙しくて勉強する時間もないし」「マニュアルが英語だからわからない」と言っている人は無理。

・日本人のイメージにありがちな「海外の会社=レベルがすごい」は自分が見た限り半分本当で半分そうでない。主に、上に立つ人の中に「もの凄い人」が、ぽつぽつ、といる。PixarとかILMみたいな会社は知らないけど。

・アーティストの環境。シドニーの会社は時間給、ロンドンは日給。交通費は出ない。遅い時間はタクシー代、夕食が出る。マネジメントする人のレベルが高い。ある程度の大きさ以上の会社だと"Runner”というポジションの人がいて身の回りのオフィスの掃除整頓、飲み物食べ物の世話などしてくれて、アーティストがより自分の仕事に専念出来る。経験の無い人がRunnerからキャリアを始めて同じ会社でアーティストに転職するパターンもあり。


-----------------------------------------


なんか厳しめなとこもありますがとりあえず一部としてこんな感じです。
私自身への戒めとしても!まとめると「何事も自分から積極的に」です。海外で受け身だと何も起こりません。日本人の苦手な部分です。出る杭は打たれると言われて育ってきたのに、出る杭になる必要があります。

ビザに関しては私はサポートしてもらった事無いので経験として書ける事がありません。
私はシドニーでは学生ビザ(申請すれば制限内で仕事が出来る)、ロンドンではワーホリビザです。

写真はオフィスにあったお気に入りの張り紙。"Keep Calm and Carry On"をパクってますw

質問やリクエストやなんでもなにかあればメールかコメントでお願いします。
「海外就職」タグを作りました。

No comments:

Post a Comment