CG study (After Effects, Nuke, Maya...), English study and more.
Back to my website
---http://www.shizukafolio.com

Sunday, March 11, 2012

[CG][etc]Color Correction Handbook 読書中レビュー5

読書中レビュー5
Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema

4章 "HSL Qualification and Hue Curves" 

メモ 
Luma要素はデータ圧縮されないので4:1:1や4:2:0素材ならChroma keyよりもLuma keyの方が奇麗な結果が得られる(4:2:2でも程度は低いが同じ理由でLuma keyの方が奇麗)

skyを抜き出すにはLumaとSaturationの組み合わせが良い(画に他の青色要素がある場合)

全体の彩度を落としてオリジナル素材のHSLで抜いた部分のみ彩度を復活させるテクニック Chromaのノイズも軽減できる

Hue V.S Luma調整(NukeでいうHue CorrectのLumaコントロール)は調整のしすぎに注意 圧縮された素材の場合最もリッチなデータLumaを最も乏しいデータChromaでコントロールしているため、調整しすぎるとアーティファクト(変な境界線ぽいもの)が出る

Hue curveを調整する際は変に影響してほしくないHueをロックするためアンカーを作る事

--------------------------------------------
この章までコントラスト、全体の色み、HSLでの領域部分調整と、画全体に対してのオペレーションです。HSLではないですが”HSV Tool"を私はNukeでよく使って調整します。H, S, V, それぞれ、もしくはそれぞれの組み合わせで特定の領域のマスクを作ります。かなりのケースで使えるのを実際使ってみるまでよくわかってませんでした。

次の章からはShapeを作っての細かい調整です。
今7章読んでますがここにメモ書くのが追いつかないorz

No comments:

Post a Comment