CG study (After Effects, Nuke, Maya...), English study and more.
Back to my website
---http://www.shizukafolio.com

Sunday, July 8, 2012

[English]英語学習「いい時」「わるい時」

英語に限らず、なんの勉強にしても、スポーツにしても、ダイエットにしても、継続して良くなろうとすると絶対テンションの上がる「いい時」と下がる「わるい時」がある。英語に関しては英語圏で生活して英語にどっぷり浸かると両方を沢山経験する。私は「わるい時」の方が多いけど、たまにある「いい時」でモチベーション上げる感じ。結構アップダウンします。
「わるい時」を経験するとテンション下がるけど、これって多分皆経験することなので、普通の事なんだと特に初めて海外生活経験する人には知ってもらいたいです。


わるい時
・何いってるか全然分からない、会話についていけず、楽しめない
・「何いってるか分からない」と言われる(テンション最高に下がる)
・言いたい事が言えない
・うまく言えなくて稚拙な表現になる
・勉強しつつもこれ上達に意味あるのかなともやもやする
・勉強中や生活している中でわからない単語や表現が多すぎると脳みそに雲がかかったみたいでフラストレーションがたまる (初めての海外生活当初は、全然頭痛持ちじゃないのに脳みそにかかった雲のせいで頭痛がした)
・どうしたら上達するのか途方にくれる


いい時
・英語話せなかったらこの人達とコミュニケーションが取れなかったんだ、と実感する時(英語ノンネイティブ含む)
・英語を使う事で自分のやりたい事が出来てると実感出来る時(仕事、旅行、etc.)
・映画やTVを意訳された字幕でなくそのまま理解できた時
・勉強したけど使った事が無い表現が初めて自分の口からぱっと出てきた時(勉強した意味があったと感じる)
・長い表現がすっと言えた時

写真は、テーマとは関係ありませんがこちらのポスト。ネット上の画像拝借してます。
ポストの前で"Franked Mailってなに?!"と立ち尽くした・・帰って調べた・・。(Franked Mail=無料で配送してもらえる(事前に支払っている)しるし付きの手紙)

No comments:

Post a Comment